トップ / インターネット増設とは

インターネット増設とは

インターネットのハブ

インターネットの分岐装置

インターネットで通信機器に使用されるハブとは、分岐装置の事を呼びます。簡単に説明すると、電源に使用されるテーブルタップと同じです。インターネットモデムにコンピューターを接続する場合、複数台を接続しなければならない場合があります。その時はこれを使って、複数のコンピューターを一本にまとめて接続します。現在の光モデム、無線LANルーターの多くは既にこの機能を持ったものが殆どです。しかし、それでも足りない場合には別途購入して増設をする事で、LAN上にいろいろな機器を接続する事が可能になります。同様にUSB機器を接続する場合にもUSB用のハブを使用すると、増設が可能になります。

ハブで多くの端末を接続

ハブは有線LANで利用する装置の一つです。インターネット回線にはLANケーブルがつながっていて、これに直接パソコンを接続することもできます。しかし、パソコン以外にもネットワークストレージやプリンタなどを接続したい場合には、接続できる部分が少なくてできなくなることもあります。最初の状態からいくつか接続できる場合もありますが、インターネットを多くの端末で利用したいのであれば、ハブで回線をわけていくという方法をとるのが良いです。たくさんの端末を接続したいときには、ポート数の多いものを選んでおくのは良い方法です。

↑PAGE TOP

© Copyright インターネットの遅延現象とは. All rights reserved.